FC2ブログ
08≪ 2018/09 ≫10
123456789101112131415161718192021222324252627282930
-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| スポンサー広告 | COM(-) | TB(-) |
2007-07-27 (Fri)
だんだんと気温上昇です~(^^ゞ
明日はもっと暑くなりそう・・どうしましょ。
朝から室内30℃軽く超えていました。
午後は32~33℃はあったかも・・ι(´Д`υ)アツィー

それでも日課のように 午後から炎天下へと出かけますが・・
無風状態の野山はサウナみたい( ̄Д ̄;υ)タラー…
この時期、よほど違った場所にでかけない限り花に出会えない~

と言う事で・・
少し前に 知人のお誘いで少し遠出した時に 見てきたものを紹介します。

■ノギラン(芒蘭)■ユリ科
別名 キツネノオ(狐の尾)

「芒(ノギ)」は「イネ科の植物の花の外殻にある針のような突起」をいうようで 花被片の形を芒に見てついた名前。
別名の「狐の尾」は穂状になった花序の姿から。

渓谷の岸壁。
いつも水が滴って居るような所に貼りつくように咲いていました。
nogiran1


花穂が40cmぐらいあったため いっぱいいっぱいの画像ですつД`)・
nogiran2


観葉植物のオリヅルランに似てませんか?。
名前は”ラン”ですが ”ユリ科”の植物です。
nogiran3




そして 『着生ラン』を3種類。

■ムカデランとボウラン■

かなり古い柿の木に 両方一緒に生えていました。
ムカデランの花は5mmほどで小さいけれど、とても可愛いかった・・
まさかこんなにたくさん咲いてる状態を見れるなんて・・
ボウランは 柿の古い木だけについて、木が枯れるとボウランも枯れるそうです..
mukaderan10


(ムカデランのアップ)
素朴な色合いなのに、どこか可愛くて、いつまで見ていても見飽きない健気な花。
私 一目ぼれしてしまいました(v^ー^v)
mukaderan11


ヤマグルマの木に...■ムギラン(麦蘭)■ラン科
mugiran


花の時期が6~7月で すでに花は終わっていた・・
あまり目立たないので、教えてもらわなければ気がつかないようなムギラン。
成長速度が遅いので これだけ群生するのに何十年もの年月がかかるのだそうです。

着生ラン?寄生植物とは違うの?!
何も知識のない私(〃ノ∇ノ)ふと柿の木を見ていて疑問に思いました。

『着生ラン』とは
木や岩などに根を張るけれど 土はあまり必要とせず、空気中の水分を葉から吸収して生きているのだそう。
着生植物とは言え ごく小さな根があり、これは岩に付着したり、樹木に絡みつくためのもの。
木から水分や養分を吸いとるという厄介物ではないのです・・って。
”ラン”もいろいろあるんですね。
ひとつひとつに さまざまな生き方があることを教わることができました。
| flower | COM(2) | | TB(0) | |
コメント







管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。