01≪ 2018/02 ≫03
12345678910111213141516171819202122232425262728
-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| スポンサー広告 | COM(-) | TB(-) |
2007-07-30 (Mon)
渓流の岩場にアワモリショウマが 沢山咲いていました・・
石から石を 水に濡れないよう渡って行くのが普通なのに、私はあえて、素足になって水に足を浸して歩きます・・(^w^)
幼い頃の川遊びがまだ抜けきれないのかもしれないね。
『水』には 気持ちを解き放してくれる『力』があるように思う。
awamorisyouma


渓流の沢沿いに見つけた小さな花たち・・
足もとをよく見て居ないと 通り過ぎてしまいそうなほど小さいけれど、そんな名も知らぬ花を見つけるのが好きです。

■ヤマジオウ■シソ科
別名 ミヤマキランソウ

ドロップみたいな蕾。
まんまるくて3mmぐらい。
最初はこれが花?!かと思った( ̄∇ ̄;)
草丈は5~7cmぐらい。
yamaziou1


その何時間後 帰り道 見たら ”開いてた~”(^o^)丿
唇型の花は ドールハウスのお人形さんみたいに ちょこんと座って居るように見えました。
yamaziou2


分布 神奈川県以西の太平洋側、四国、九州
花期 8月
花 淡紅色で1,5cm



■ハグロソウ■キツネノマゴ科

hagurosou


この花も 口を開けたようなかわいい花。
でも、のぞいていると以外にシンプル。
上下2枚の花弁だけでできているようです。

分布 関東以西の本州~九州
花期 9~10月
やや湿った林縁などの半日陰に生える。
2cmの淡紫色の花を咲かせる。
内側には赤褐色の斑点があり、これを「お歯黒」に例えた?とも言われています。
| flower | COM(2) | | TB(0) | |
コメント







管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。