08≪ 2017/09 ≫10
123456789101112131415161718192021222324252627282930
2007-08-03 (Fri)
tonboani


先日 夕暮れに 海岸沿いで出会った変なトンボ?
羽根が蝶のようで 触角がやけに長い。。
普通のトンボと少し印象が違った。
ここまで接写しても びくともせずにススキの葉にじーっと止まってる。
このトンボ トンボではなくウスバカゲロウ類の近縁種で”ツノトンボ”というそうです。
黄色っぽいのがメス。
■ツノトンボ(メス)■アミメカゲロウ目

7/31撮影
tsunotonbomesu



■ツノトンボ(オス)■

そして、、今日同じもので赤褐色を発見。
場所は林の中にある竹林の藪の中。
行動範囲が決まってないのかな(・_・)...ン?

メスと同じで 近づいても動かない。
オスは尾先に付属物がありハサミのようになっているようです。
tsunotonboosu

オスもメスも長い角がティアラみたいに。
王子様とお姫様・・一緒にいればメルヘン世界だったのに・・(笑)



■ヒメヤブラン■

もう1ヶ月ほど前から、田んぼの畦道や林の中のあちこちに咲いています。
ランとは言えユリ科のお花です。

草丈も低く 花も小さいので何度撮影トライしてもo(´^`)o う~
綺麗な色が出ません(苦笑)
himeyaburan1


やっとのことで。。なんとか(汗・・・)
うす紫色は撮影が難しい・・
himeyaburan2


ジャノヒゲと似ているけれど、これは花がきちんと上を向いて咲くんですね・・
himeyaburan3


ヒメヤブラン(ユリ科)

分布 日本全土
花期 7~9月

日当りの良い草地などに生える
草丈 10~15cm
葉は線形で葉の幅2~3mm
花 7~8mm
葉よりも短かい淡紫色の花を数個咲かせる
名の由来は ヤブランより小さいので”姫藪蘭”

| 昆虫 | COM(4) | | TB(0) | |
コメント







管理者にだけ表示を許可する