08≪ 2017/09 ≫10
123456789101112131415161718192021222324252627282930
2007-08-16 (Thu)
mizubenotomosibi

(水辺の灯火)

やっとお盆が明けました・・
昨夜 近くの河原に精霊送りがあり出かけてきました。
最近は環境保護のために 水辺に灯篭や提灯を流さなくなりましたね。
地球のためにはいいんでしょうけど・・
昔ながらの送りかたは風情あって良かったな・・なんて。
あちこちで花火が上がり、だんだんとお祭り騒ぎに変わりつつあるのが残念。




水田ばかりは いくらなんでもこの酷暑。
とても無理があるので・・
少し谷で日陰の涼しい所に移動~(^^ゞ。。

ふと見ると 苔のたくさん生えた岸壁に、色のはっきりしない花が・・
垂れるように出ています。
oohikiyomogi1


花はこんなふうに 少し終わりかけのようで・・
なんとなく変わった毛むくじゃらの長いガク。
oohikiyomogi2


残念~一番マシな花を写してみたけど・・しょぼいね(笑)
oohikiyomogi3


■オオヒキヨモギ■ゴマノハグサ科

在来種
分布 関東地方以西、四国
花期 8~9月
和歌山県準絶滅危惧

山道の崖に生える半寄生の1年草
草丈 30~70cmでやや斜上するか垂れ下がる
花 くすんだ淡黄色

ヨモギとは言え、葉はぜんぜんヨモギではないんですよね・・
半寄生?
一体、何に寄生して大きくなったんでしょう?
生えてる岸壁には苔のみ・・。
そしてこれもレッドデータものでした((^^ゞ

| 寄生・半寄生植物 | COM(4) | | TB(0) | |
コメント







管理者にだけ表示を許可する