06≪ 2017/07 ≫08
12345678910111213141516171819202122232425262728293031
2007-08-20 (Mon)
半日陰の沢沿いの道の脇で。
ぱっと見、なんでもない野草なんですが・・
mukagoirakusa1


こんな痛いものがあるなんて、驚き。
花探しをしはじめてから今まで、”痛い”と感じたものは いくつかありましたが。。これ、私の痛い経験からいって絶対最高~
こんなに鋭いトゲトゲあるんですものね・・イタイはずだ…~(>ェ<。)ゝ
mukagoirakusa2


アザミやオニノゲシ、サンショウ、野イバラも痛いことに変わりはないけれど、イラクサの痛さは 痛みが長いように感じました~
(一応如何なものかと自分の手で実践しましたので)苦笑
それは 注射針のごとく・・ピリピリ・ジンジン。
結構いつまでも痛みが消えなくて、針が刺さったのかな?と思ったほど。

(「・・)ン?花?
雌雄同株で雄花は葉腋に出る...
雌花は葉の上に出る...

だとしたら雄花かな??
そして茶色のは ムカゴ??
食べられるのかしら(・・?
mukagoirakusa3

みなさんもお出かけになる時は 、イラクサに触れないように注意なさって下さいね。

■ムカゴイラクサ■イラクサ科

分布 北海道、本州、四国、九州
花期 8~9月
山地の木陰に生える
茎は40~70cm 
葉腋に球芽がつく
和名は葉腋にむかごをつけることから名前がつきました。
| flower | COM(4) | | TB(0) | |
コメント







管理者にだけ表示を許可する