05≪ 2017/06 ≫07
123456789101112131415161718192021222324252627282930
2007-08-29 (Wed)
少しは涼しくなったかな..と期待して起きた朝でしたがヽ(__ __|||)…
朝食の支度したり、掃除機かけるうちに、(゚・゚;)タラリ…
かけらほども『涼』の言葉が出ません。
こう暑いと野草たちも げんなり。
道端に茂り始めたセンダングサまで干からびてしまってます・・

そんな時に 林のあちこちではヤマイモ科の花が目立つようになってきました。
一体何種類のつる性があるんでしょうね(笑)
どれもこれも絡み合っていて区別がつきにくい(/TДT)/

そのひとつ『カエデドコロ』
葉の形に特徴があるので、解かりやすい・・
kaededokoro1


それから 茎の部分に必ずこんな突起のようなものがあった・・
kaededokoro2


花全体がオレンジ色をしています。
これは雄花。
小さな花がたくさん・・
周囲の草木を黄色で覆い尽くすように。
obana2


近づいて見ると・・
obana1


これは雌花
花の数が少なくまばらに咲くようです・・
mebana1


そして雌花・・
花が終わった所から。。(;・∀・)ハッ?
mebana2

冬になるとベージュ色になって 鼻の上にくっつけたアレになるんでしょうね・・

兼ねてからドライなものに興味があるので、ふと冬に撮影したこれが頭をよぎりました。
子どもの頃鼻にくっつけて遊んだものは、三つのプロペラのようになってて開かない形をしていたけれど・・・
こうして種の後が花のように開くものがあった...
これは 一体???(?_?)
これは?


■カエデドコロ■ヤマノイモ科

分布 関東地方以西の温暖な地方の林縁に生育するツル植物。
雌雄異株で、花はオレンジ色。
葉は3~9裂し、変異が多い。
葉の形がカエデに似ていることから、カエデドコロの名前が付きました。
| つる性 | COM(4) | | TB(0) | |
コメント







管理者にだけ表示を許可する