08≪ 2017/09 ≫10
123456789101112131415161718192021222324252627282930
2007-09-08 (Sat)
台風の後、涼しくなるのを期待してたのに・・
日中は こちらまだ35℃もあります。
早く涼しくなってほしいな~。
本当に秋がやってくるの(・_・)...ン?
このしつこい暑さに、このまま夏が終わらないのではないか・・と思うってしまうくらい。

(゚・゚;)タラリ…海岸の船着き場を歩いていて・・あっエノコログサ?
でも高さも低く穂がふわふわしてて、道端や空き地で見るエノコロと少し違う・・
暑さのせいで ヘタってるの~?みたいな姿((笑))
エノコログサは ひとつだと思ってたのに、やっぱりこれも種類がいくつかありそう(^--^#

そう言えば、海の近くでよく見かけるのは、このタイプが圧倒的に多いことに気がつき調べて見ると『ハマエノコロ』。
hamaenokoro1


海づたいの線路とコンクリート間にも(笑)。
こんな生え方をしている事で、潮風や強い風雨にも負けないのでしょう・・
hamaenokoro4


穂の長いエノコログサと違って、柔らかく生まれたての赤ちゃんみたいな((笑))
そう言えば、何年か前に庭で育てた”ラグラス”の肌触りによく似ていた・・
hamaenokoro5

hamaenokoro3



■ハマエノコロ■イネ科

分布 日本全土
海岸近くの砂地や岩場など
花期 8~10月
草丈 5~20cm
背が小さくて穂が太く短い。
茎が地面に寝てロゼット状に広がる。



そして・・
近くの河原で 1本見つけた『ムラサキエノコロ』
あまり見かけないので新鮮な気がしました。
もしも一面に生えて、そしてそんな所に朝日や夕陽があたれば、、きっと絵になる風景なんだろうな~・・
murasakienokoro


分布 日本全土
日当たりのよい畑、道端、河原
花期 8~10月
草丈 30~80cm
エノコログサの紫色品種。
穂が褐紫色で毛が長く密に生えている。
| flower | COM(6) | | TB(0) | |
コメント







管理者にだけ表示を許可する