05≪ 2017/06 ≫07
123456789101112131415161718192021222324252627282930
2007-09-09 (Sun)
fuukeiumi

長く続く暑さに、海岸に咲く丈夫なハマゴボウやハマアザミまでコゲコゲになりつつあります。
嘆くのは、私達だけではなく自然界の多くのものがこの暑さに苦しんでいるんでしょうね。。早く涼しくなってと願うばかり。



そんな時ですが 小さい秋を少しずつでも見つけていこうと思います~
道端や林の縁、ススキが生い茂るような場所に、今年も小さな淡い黄色の花を咲かせる”ヤブツルアズキ”
草むらに葉が目立ってくるので、そろそろかな・・と待ち遠しくなる小さな灯火。
yabuturuazuki2


花はノアズキとまちがえそうになるけど、ノアズキはまだ出会っていないので。。
いろいろ角度を変えながら...
目がクルクルしそうな(笑)『ノの字』を撮ってみました。
yabuturuazuki1


1cmほどの小さい花だけど カメラで覗くと幾重にも重なる形がホイップクリームに見えたりしまして(≧ω≦)
何故か”美味しそう~”って思ってしまいます・・(私だけ?)
yabuturuazuki4


葉はもちろん3枚でワンセット(o ̄∀ ̄)ノ"
yabuturuazuki3


違う場所では こんな葉も・・
(少し違えば 別物?と思いがちですが・・(笑))
浅く切れ込みの葉もあり・・のようですv^^
yabuturuazuki6


ノアズキと、はっきり違うポイントが『種子』
こんな細長い線形しています。
yabuturuazuki5


■ヤブツルアズキ■マメ科
アズキの原種

分布 本州、四国、九州の草地に生えるつる性多年草。
花期 8~10月
葉は3出複葉で互生。
小葉の先は尖り、全縁。3浅裂するものもある。
名の由来は アズキの原種でツルがあることから。
| つる性 | COM(4) | | TB(0) | |
コメント







管理者にだけ表示を許可する