09≪ 2017/10 ≫11
12345678910111213141516171819202122232425262728293031
2007-09-25 (Tue)
県の絶滅危惧2類に指定されている『カワゼンゴ』
一体どんな花を咲かせるのだろうと、少し前から定期的に河原に出かけて観察を続けていました。
レッドデータに名が残る植物だから、それなりに。。(笑)
と期待していたけれど・・
(・・。)…ん?これが~そうなの???
ぱっと見、セリの花みたいな(ちょっと地味なんですよね)
kawazengo1


これ1ヶ月前の頃。
豪雨の後で、殺風景になった河原に『カワゼンゴ』だけが生き残っていた。
根っこは、どこにあるのかと思ったら岸壁の中。
どれだけ洪水で浸水しようが、生き残って居られるはず・・
川砂に生えるのではなく、岩に着生してそこからムクッ。
kawazengo7


この時大きな蕾がついてました。
kawazengo6


そして、今 花が咲き種が出来つつあります。
kawazengo2


小さな小さな花が沢山集合してひと固まり。
草丈は30~40cmぐらいでしょうか。
セリの花を大きくした感じを想像して頂ければ。
直径20cmぐらいあるかな。。
kawazengo3


種。
そう簡単には はじけないぞ・・
それぐらい ハリハリしていました。
kawazengo5


葉です。
柔らかそうに見えるけど、葉の質はとても固い。
さすが流れに絶えてきた植物だと感じました。
kawazengo4


どんな植物も 生き残るためにその環境に合わせて、いろんな努力をしながら確実に命を繋いでいるんですね。
葉が細めにできていたり肉厚であったり、あまり大きくはならずに固い岩にしっかり根をおろす・・
これは海岸の植物にも共通しているような気がします・・
地味で目立たないカワゼンゴですが、定期の調査で少しずつ減っているとのこと。

| flower | COM(2) | | TB(0) | |
コメント







管理者にだけ表示を許可する