08≪ 2017/09 ≫10
123456789101112131415161718192021222324252627282930
2007-10-23 (Tue)
田んぼと言えば、そばに溝があり今どの場所でもタデ科の花がお出迎えしてくれるのですが タデ科はちょっと撮影が得手悪く(苦笑)軽くパス~

タデ科を無視してあぜ道を歩いていたら 小さな白い花発見。
草丈10cmほど。
先日の雨が残っていて 少しぬかるみ状態。
でも 他にこれと言ってネタが見当たらないから必死ヾ(@▼ω▼@)
右足から入って左足を一歩前に・・ε=“(・ω・ノ)ノ゛お~っと!
右足が ズズッと下に沈んでいきまーす(笑)
たいして水はないのに、やっぱり田んぼなんですよね。
sisokusa1


夏の頃見た小さな花たちの記憶が頭の中にチラチラ。。
よく似た花に出会うとパニック・・
始めて出会ったのかな、2度目なのか。。(⊂( ;-(工)-)ゞ
花弁が4枚、鋸葉・・似たようなものあったけど、もう名前を思い出せない=(^‥^;;=アセアセ…
sisokusa2


■シソクサ■ゴマノハグサ科 シソクサ属

分布 本州(関東以西)~沖縄 
水田や湿地に生える1年草
花期 9~10月
草丈10~30cm

茎は直立してあまり分枝せず、葉は対生し柄がなく、少数の鋸歯がある。
花は上部の葉腋から1cmの筒形の白い花をつける。
葉に紫蘇の香りがする事が名の由来。

(/△≡\)あ~
これ紫蘇の香りがするんだったそうな(((´・ω・`)遅い…
シソ科じゃなくてもそんなのアリなんですよね。
この次は 忘れず香りを確かめてこようと思います。




そしてもうひとつ。
これも10cm高さで小さかった。
割りと集団でひと固まりになって生えてました。
kosirone1


一段ずつに 2mmぐらいのちっちゃな花が葉の脇に咲いてます。
田んぼの花は、以外にこんなスタイルで咲くのが多いのかな?!
kosirone2


■コシロネ(小白根)■シソ科シロネ属

分布 北海道~九州 
水田や湿地に生える多年草
花期 8~10月
草丈20~80cm

茎はあまり枝分かれせず直立する。
葉は対生で縁に粗い鋸歯がある。
花は葉腋に唇形花を密につけ、花冠は白色で長さ約3mm。
萼は5中裂し、裂片は狭三角形で先は尖る。
ヒメサルダヒコ(母種)の変種で茎が枝分かれしないのが特徴。
他にエジソロネ、ヒメシロネがあるようです。
それにしても お母さんの名前がおもしろい。
そのうち どこかで出会えるカナ・・(*゚。゚)
そして これもしっかり香り嗅ぎわすれてしまいました(。ω・)
香りはしたのでしょうか?!

| flower | COM(4) | | TB(0) | |
コメント







管理者にだけ表示を許可する