07≪ 2017/08 ≫09
12345678910111213141516171819202122232425262728293031
2007-10-31 (Wed)
久しぶりに訪れたこの河原にもいつしか紅葉したヤナギタデの群落が水際に秋の彩りをそっと添えています。

海にも山にも近い所で生まれ育ったのに、やっぱり落ち着ける場所は河原・・・
kawara1


ふと振り返った時、あれは何?!
花は終わりかけのようです(少しみすぼらしい姿)(≧ω≦)。

河原ってあれ?と思うようなものに出会うことが多く、また園芸の逃げ出しだろう・・と思いながらも、一応カメラにおさめて帰りました。
nogeitou1


初めは緑色だったと思うけど、やはり今は紅葉。
nogeitou2


花穂の先が ちょこっと紅をさしたように見える・・
遠くから見ると、少し寂しいキャンドル(苦笑)
触ると、カサカサッと音がしてドライフラワーにできそうな感じ。
nogeitou3


下の方に咲く小さい花。
nogeitou4


真横からアップで見ると、小さな1つ1つの集まりでひとつの長い穂が形成されているんですね。
今にも 弾けて飛び出しそうな種と花の柱。
そっとさわってみたら、1つの種の所から数え切れない細かい真っ黒の種が あちこちに飛び散りました。
nogeitou5


■ノゲイトウ(野鶏頭) ■ヒユ科ケイトウ属
別名セロシア、カラアイ(唐藍)

熱帯アメリカ原産の帰化植物
草丈 60~1m 
花期 7~10月 

熱帯に広く分布する一年草
河原や荒れ地などに帰化している
寒さや湿気に弱いけれど、乾燥に強い。

| flower | COM(1) | | TB(0) | |
コメント







管理者にだけ表示を許可する