01≪ 2018/02 ≫03
12345678910111213141516171819202122232425262728
-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| スポンサー広告 | COM(-) | TB(-) |
2007-11-06 (Tue)
鹿の食害で、咲いている花が少なかった中、渓流に咲いていました。
ダイモンジソウ?
にしては小さめで高さ10cm前後・・

”ウチワダイモンジソウ”
uchiwadaimonzisou1


苔岩の水がかかりそうな場所なので、岩に登れば足がすべる・・
(汗・・汗・・)足もと不安定でしたので悪しからず<(_"_)>
こんな具合に しっかり貼りくように。
uchiwadaimonzisou2


花は ダイモンジソウと一緒かな(・・?
uchiwadaimonzisou4



ホントその名の通りちっちゃな”ウチワ”可愛かった(v^ー^v)
1.5~2cmほどです。
大きく3つに切れ込みがあって、さらに浅く切れ込みがいくつかあります。
葉の基部はくさび形(まれに心形)で、鋸歯がある

▲くさび型
葉柄に向ってしだいにせまく,くさびの形になっている葉。
uchiwadaimonzisou5

uchiwadaimonzisou3


■ウチワダイモンジソウ(団扇大文字草)■
ユキノシタ科ユキノシタ属
ダイモンジソウの変種

分布 本州~九州
山地の渓流沿いの岩の上に生える多年草
花期 8~10月
草丈 5~25cm 
| flower | COM(0) | | TB(0) | |
コメント







管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。