07≪ 2017/08 ≫09
12345678910111213141516171819202122232425262728293031
2007-11-07 (Wed)
今日は 花は ひとやすみρ(・~ゞ)

そして どっひゃ~”ちょっとびっくりな素材を”。
九州に住むお友達から本日 宅配便が届きました。
開けて(*_*)びっくり!!!こんなもの。

その名は『ワラスボ』
一体ナニモノ?!と思いますよね。
ワラスボは、稲わらを束ねて作る筒の様な形に似ている事からついた名前だそうです。

(゚▽゚*)あっ!一応 魚類でーす(^w^)

ウナギのようだけど、ウナギでない・・
(干物になってます)全長30cm
warasubo1


見れない~~~大変\( \)!顔がぁ~!!
でも 是非ご覧になって下さい・・正面からこの顔を。
まるで この姿はミイラ?エイリアン?
目はどこなの~顔じゅう口じゃないの~o(T◇T)尸~~SOS!!
○○年の生涯で 初めてこんな恐ろしい顔に出会いました・・
warasubo4


頭部のわりに細長い胴体・・1cmほどの幅です(乾燥状態で)
warasubo2


はじめは こわごわだった私も、カメラで撮影してるあいだに、少し慣れてきて・・いつものごとく遊び始めます・・
闘わせてみる~≧∇≦
warasubo5

warasubo6


で、、
これこんな姿ではありますが有明海でしか採れない高級珍味でして・・

旦那が帰宅するのを待って魚焼き器の上にのせてあぶり始めました・・
そこまでは 冷静だったのですが・・((゚Д゚;)突然!!!
焼く前の口が 暖まってくると さらにどんどん牙が見えてきて、その顔を見てるだけで襲ってきそうで (((p(>◇<)q))) ブルブル。
イカを火にあぶるとクネクネしますが、それと同じようにワラスボの体もクネクネ・・お口は[´Д`]全開・・わお~~!!!
見ている私まで口が開いています。
この世にこんなものがあっていいの~(?_?)ホント青くなってしまいました。(゚・゚;)タラリ…
warasubo7


干物は 姿がわかり辛いので、ネットで”ワラスボ”の生の姿を探して見ると・・・こんな感じ。
川のハデのながーーーくなったみたいな・・
干物の口ほど怖さは感じない・・(笑)
(生の姿)
warasubo8


そしてワラスボ漁は、こんな感じ。
干潮時に「すぼかき」と言われる伝統漁法で漁獲され 棒の先に付けた鉤に引っかける方法で、潟スキーに乗って移動しながら捕る。
これが結構熟練者でないと難しいそうです。

すぼかき
subokaki


そして3匹焼いて、、、
旦那が2本と半分、私は尾の細くなったところ半分目をつむって頂きました。(大汗・・)

見た目はどこへやら~
パリパリ香ばしくて魚の臭みはぜんぜんありませんv^^。
お酒の肴にぴったり(私飲めませんが・・)
旦那は 晩酌しながら美味しそう、大満足してました・・
あとでお皿を見て 大笑い・・(((( ;゚д゚)))ちょっとアンタ・・・
大きな口開けた頭が3つころんでいます(^w^)
どうして頭食べなかったの?!と聞けば、口の中で口が暴れそうだから・・だと。ギャハハハ(≧▽≦)

■ワラスボ■ハデ科

分布 朝鮮半島と中国、日本では有明海と八代海だけ。
絶滅危惧II類

体長30cm

干潟の泥の中に巣穴を掘って生息し、潮が満ちると海中に泳ぎだす。
貝類や甲殻類、ゴカイなどを食する。
成長するにつれ目が退化し、口が上向きになり、牙が発達する。



そして、木の実、ナチュラルなもの大好きな私に・・とムベも頂きました。
この夏 ムベの青いのは一度見たきり。
こちらにはアケビは多いけれど、ムベは そうそうないのです。
形はアケビより 丸っこい感じ。
ちょうど良さそうな熟れ具合いが 〃⌒ー⌒〃 ウレシイ~☆
mube1


早速ひとつ割って・・こんな感じ。
mube2

とろっととろけるような、なめらかな種の回り。
そしてアケビとは 少し違う上品な甘さヾ(@⌒¬⌒@)ノ ウマヒィ~
すっごく美味しいものなんですね。

驚いたことに お友達の所でムベは市場でフルーツとして販売しているそうです・・

その土地、土地で いろんな珍しいものや季節の味覚はいろいろあると思いますが、お初のワラスボを見て思います。。
けっしてものは見かけでは決めてはならないこと(^w^)
お友達が荷物と一緒に届けてくれた教訓・・
そっと感謝の気持ちここに残します
”ありがとうさん”♪
| | COM(6) | | TB(0) | |
コメント







管理者にだけ表示を許可する