07≪ 2017/08 ≫09
12345678910111213141516171819202122232425262728293031
2007-11-10 (Sat)
道路から ちょっと入った杉林・・
ネタ探しに┏( ̄ー ̄;)┛=3ウロウロε
林の中は薄暗いから、綺麗な色の花でも咲いていないと、なかなか見つけられないですよね。

足もとにあるのは シダばかり(苦笑)
ふと目線を上にした所に、瑠璃色の綺麗な実 発見。
satsumaruriminoki3


(シダ)リュウビンタイに囲まれて・・
satsumaruriminoki4


毛深い枝。葉の下に 野ブドウにも似た実が成っています。
satsumaruriminoki5


あまり綺麗だったので、ドアップしました((笑))
オオー!!w(゚o゚=)w青い宝石。
satsumaruriminoki6


そうそう、この木。
見つけた時はうっかりして思い出せなかったけど・・
今年6月に全然違う場所で花を撮影した”サツマルリミノキ”だったのでした(^w^)
樹木は出会って花の頃を知っていても、果実を知らなければそれだ!とは思い出せません・・(/△≡\)

6月撮影の花
アカネ科らしい花ですね。
satsumaruriminoki1


(6月撮影)茎・葉
うっすらと茶色の毛が目立ちます。
satsumaruriminoki2


■サツマルリミノキ■アカネ科 ルリミノキ属
ルリミノキの変種

分布・・web検索では 四国、九州になっていますが、こちら紀伊半島には多く自生しています。
野鳥が運んできたのでしょうか。

常緑低木
樹高 1.5~2m
枝や葉の裏の脈上に褐色の毛がある
最初 薩摩で発見されたことが名の由来




そしてこちらは 今年7月撮影の”ルリミノキ”
サツマルリミノキとルリミノキはよく似ているけれど、毛の有毛・無毛以外に生える場所が少し違うようです。
でも、これも地方によっていろいろかも知れませんが。
(こちらでは サツマは低い山で、ルリミノキは奥深い山地)

花はそっくり。
ruriminoki1


葉・茎
毛がなく、枝がつるつるしていて、茎が緑色。
ruriminoki2


■ルリミノキ■アカネ科 ルリミノキ属

分布 本州(東海地方、紀伊半島、中国地方)、四国、九州、沖縄
常緑低木で高さ1~1.5m。
花期 5~6月
果実11~12月 5~6mm、瑠璃色で球形
暖温帯で、湿度の高い所に多い。
| 樹木 | COM(2) | | TB(0) | |
コメント







管理者にだけ表示を許可する