08≪ 2017/09 ≫10
123456789101112131415161718192021222324252627282930
2007-11-25 (Sun)
寒くもなく暑くもない穏やかな秋日和。
たまには、ぶらりと各駅停車の列車に乗って磯浜へ・・

あと少しで目的の駅に到着する寸前、突然の車内放送。

(* -o-)●これよりひとつ前の列車が線路上で鹿を跳ねました・・
撤去作業のため、この電車ここでしばらく停車します・・
鹿やイノシシが電車や車に跳ねられたりすることは、良くある事なので乗客も”またか・・・”と席を立つ人もないのですが・・、

今放送した車掌さんがマイクを置いてビニール袋を手袋代わりにはめて線路に降ります・・
sika1


痛々しい姿ですがこの悲しい現実を車掌さんにお断りして撮影させて頂きました。
私も直視したのは始めて。
sika2


鹿はまだ小鹿で小さかったです。
ハンターに追われたのか、食料を求めて降りてきたのかわからないけれど。
こちらの森林。大きな樹木はあっても草類はほとんど鹿が食べてしまっているという現状。
年々山が切り開かれていくために、鹿の居場所がなくなっているためだと思われます・・

緑を保護するために、ハンターにメス鹿だけでも処分を・・と頼みこむ団体もいます。
でも、それって人間の勝手だと思いませんか?
鹿だって生きるために必死です。
線路に入らないように全線路脇に柵を張り巡らすとか・・
あるいは、鹿が住める場所を設けるとか。。
大変なことでしょうけど、何故こんな現実が繰り返されるかを、もっと深く考えなければいけない時代が来たのではないかと思う・・

自然が守られ、そこに動植物が生きてこそ、私達人間が存在することを。
| その他 | COM(2) | | TB(0) | |
コメント







管理者にだけ表示を許可する