09≪ 2017/10 ≫11
12345678910111213141516171819202122232425262728293031
2008-04-07 (Mon)
野山のサクラが散り始める頃になると、ちらほら濃いピンク色したミツバツツジが山を染めていきます。
道路沿いの斜面に結構たくさん。
mitsubatsutsuzi


がしかし・・
一歩 谷沿いに入ってびっくり★なんと北向きの大きな岸壁の上に・・
山では 初めて見た”黄色のツツジ”→ヒカゲツツジなんだそうです。
20m以上も高い所で咲いている・・
hikagetsutsuzi1


少し低い所でも やはり高いから近づくことはできない。。。(苦笑)
”ヒカゲ”と言っても、上から咲き始めるからおもしろい((笑))
hikagetsutsuzi2


比較的近い所に花があった~とおもったけど・・
花も葉も少し痛んでて (_"_;)。。。
ツツジの花は赤系や白系が多いけど、この優しい色合いはとっても好感持てます。
hikagetsutsuzi3


後ろから・・
花のすぐ下に、テンテン模様のある革質っぽい葉が輪性。
この葉の付き方も変わってますよね。
hikagetsutsuzi4


葉です・・
よくよく見ると 岸壁の腰ぐらいの高さの所にも、まだこれから咲き初めるだろう蕾のものが、たくさんありました(汗・・)
hikagetsutsuzi5

もう少し遅らせていけば 淡いクリームイエローの花が満開で その名のごとく”沢照らし。。”綺麗だろうね。

■ヒカゲツツジ■ ツツジ科 ツツジ属
別名 サワテラシ

分布 本州(関東地方以西) 四国 九州
山間の崖などに自生する常緑低木
樹高 1~2m
花期 4~5月

葉が枝先に輪生して互生。
枝先にクリーム色の花を1~4個咲かせる。
花冠は漏斗状の釣鐘形で,先が5裂する。花径は4cmほどで,花弁の内側に濃い斑点がある。
名の由来は日陰に多いことから。


| 樹木 | COM(4) | | TB(0) | |
コメント







管理者にだけ表示を許可する