05≪ 2017/06 ≫07
123456789101112131415161718192021222324252627282930
2008-04-28 (Mon)
2008・4・26・午後1時30分

教会の鐘の音とともに 扉が開く。。
ゆっくりとバージンロードを歩いて壇上に立つ息子。
白い手袋は 私のすぐ目の前。
どれだけの距離もないのにピントがあいません・・
なぜだろう・・・
息子の手が震えていたのです。
 
k1



バージンロードをお父さんとお嫁さんが入ってきます・・
入場までに お母さんがお嫁さんのベールをあげて、お嫁さんはお父さんに最後の挨拶をかわし、そのあと入場ということだったので、この時のお父さんの気持ちは 胸いっぱいだったと思う。
k2


讃美歌 312番♪いつくしみ深き・・

いつくしみ深き 友なるイエスは
罪とが憂いを とり去りたもう
こころの嘆きを 包まず述べて
などかは下ろさぬ 負える重荷を

いつくしみ深き 友なるイエスは
われらの弱きを 知りて憐れむ
悩みかなしみに 沈めるときも
祈りにこたえて 慰めたもう

いつくしみ深き 友なるイエスは
かわらぬ愛もて 導きたもう
世の友われらを 棄て去るときも
祈りにこたえて 労りたまわん

(本館サイトでも流れています(♯▽♯)ゞ)

チャペル結婚式は始めてでしたが 身内だけではなく全員参列で賛美歌を歌う・・
みなさんに見届けてもらう形として一番いいなっておもいました。
k3


披露宴会場にて・・
指定のテーブルに座ろうとするやいなや・・目の前にこれ・・
私はこの日こそ、私のほうから先に”ありがとう”言わなきゃ・・と思っていたのに・・
先にやられてしまいました(*'-'*)ゞ・・
一人一人のネームプレートにメッセージ。
でも、しょっぱなからこれじゃ。。泣きそうだったよ。
k4


ここで出していいのかな?・・と思案したけど・・
いつもブログに散歩して下さり お祝いのコメント下さった皆様方へ・・
せめてもの感謝の気持ちを1枚。
我が息子とぴーちゃん(ヒロエさん)です。
k6


ぴーちゃんは 保母さん。
ただ可愛いだけではない しっかり気配りのできるよく出来たお嫁さんです。
実家がお店屋さんをしているために、ぴーちゃんは小さな頃からお母さんと手紙のやりとりをしてきたと言います。
どんなにケンカしても、テーブルの上に気持ちを届け合うことを忘れなかった母と娘。

挙式の最後も もちろん彼女からお母さんへの手紙の朗読がありました。
言葉の中に ”ヒロエはいつまでもお父さん・お母さんの子供やからね”と・・
泣き崩れるお母さんのそばで
メガネの中だけで 泣いてました・・とお父さん。
この時ばかりは私も涙が溢れそうでした。

k5



嬉しいも、寂しいも、いろんな気持ちを私達は涙に流して素晴らしい結婚式を終えることができました。
挙式の概要も何も親側にはヒ・ミ・ツでしたので、最初から最後までサプライズ三昧┐(´∇`)┌
カメラ首に走り回り、、時々、呼び出しでハアハアしながら前に立って。。((^w^)

帰宅してマイカメラの画像見たら、なんと、わたし・・115枚も撮影してました(笑)
黒留袖姿で 首にカメラ・・((爆))
いつも野に出て花(二人)を追いかけると同じ心境だったかも・・
さもなければ号泣していたかもしれない・・ね。

あとから ぴーちゃんに・・
”こんなに沢山の写真・・お母さん 式をちゃんと見れてなかったのでは・・?”

(゚ー゚*)ン?・・・
ヾ(*≧▽)ノ彡アハハ!! そうーかも!!!
”ねえ、もう一度 式を挙げて。。(*-人-)”と言ったら、沈黙・・
(・m・* )

これからいろんなことあると思うけど、二人で幸せな家庭を気づいてほしいと思います。
| その他 | COM(4) | | TB(0) | |
コメント







管理者にだけ表示を許可する