10≪ 2017/11 ≫12
123456789101112131415161718192021222324252627282930
2008-05-12 (Mon)
山地の奥ですが 少しは民家もチラホラあるような林道。
崩れかけた岩盤と側溝の間ぎりぎりの草むらのところに、、、
見つけました~ヾ(●´▽`●)イズハハコ♪
きっとここに道路が作られてなければ、もっと沢山あっただろうに・・
ブラシ系の花が好きなのでどうしても見たかった花。
izuhahako1


アレチノギクやオオアレチノギクによく似ていて、あまりパッとしないけれど、、、
環境省では絶滅危惧II類(VU) 和歌山県は準絶滅危惧になっているので全国的にもあまり見られなくなっているようです。
izuhahako2


先端に数個の花をつける
地味な花だけに かすかに薄紅に染まるような花の色がいじらしい・・
izuhahako3



この花が終わったら、冠毛が綿のように見えるので”ワタナ”と呼ばれるよう。
izuhahako4


ガクの部分
どこを見ても軟毛が多く、以前出会ったカッコウアザミを思い出します(笑)
izuhahako5


毛むくじゃらで楕円形の葉・・先は丸っぽい。
縁はギザギザの鋸葉。
茎のまん中より上の部分の葉は茎を抱いていました。
izuhahako6



■イズハハコ■キク科イズハハコ属
別名 ワタナ(綿菜)

分布 本州(関東以西)四国、九州、沖縄
日当たりの良い山地岩場近くの斜面に見られる越年草
草丈 30~50cm
花期 4~6月

| flower | COM(2) | | TB(0) | |
コメント







管理者にだけ表示を許可する