04≪ 2017/05 ≫06
12345678910111213141516171819202122232425262728293031
-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| スポンサー広告 | COM(-) | TB(-) |
2008-06-03 (Tue)
いつからだろう・・
知らず知らずのうちに 浸食している『トキワツユクサ』

ここは『憩いの森』海岸の松林。
全長1km余りの遊歩道・・
多くの方が 早朝ウオーキングをされているコース。
以前、ナルトサワギクを発見した場所でもあります。
(先日紹介したサケバゼリと共存・・)
tokiwatsuyukusa1


唯一救われるのが、この一角。
トキワツユクサが侵入していないサケバゼリの群生。
sakebazeri6


初めて見た時、綺麗・・だと思ったのもつかの間・・(゚・゚;)タラリ…
数年前はここは青色のツユクサが沢山あったのに、今その姿はない。
tokiwatsuyukusa2


日陰で咲くとホント綺麗だけど・・環境省の要注意外来植物に指定されています・・
tokiwatsuyukusa3


近くの古道の一部にも 数限りなく増え初め希少植物が呑みこまれていくのを見てはいられなく、散策しがてら定期的に撤去を頑張っています。。。
古道で出会う方にも声かけてはいますが、うなずいてはくれても関心度は少ないんですよね。


そして昨年道路拡張のために出来た法面に、、特定外来植物オオキンケイギク。
去年も見つける限り処分しましたが・・又復活(;´Д`)
ookinkeigiku1


最近、山地に行くほど田んぼのあぜ道や畑の周囲で多く目にするから、もしかしたら知らないで植えているのかも。。
微力ですが、身の回りのものから少しでもと除去しておきました。
ookinkeigiku2



そして、海岸で・・『アレチウリ』
特定外来生物に指定されています。
これを見たのは 初めて・・・
arechiuri2

つる性なので これに絡まれると身動き取れないでしょうね。
雌雄同株。
これは雌花。葉の腋に1cmほどの花です。
arechiuri1

arechiuri3

みなさんの周囲で、最近異常に増え始めている帰化植物はありませんか・・
それらが 大切な在来種を消しているとすれば大変なことですよね。
せめて目についたものから取り除いていかねば。。。

■アレチウリ■ウリ科アレチウリ属

北アメリカ原産のつる性1年草 
花期  8~10月



| flower | COM(6) | | TB(0) | |
コメント







管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。