10≪ 2017/11 ≫12
123456789101112131415161718192021222324252627282930
2008-08-06 (Wed)
去年の『ホドイモ』は こちら

つる性のホドイモ。
去年も撮影したけれど、花の構造までは 調べなかったので、今年はこのへんてこりんな花の部分に注目してみました。

つるは 明るい林縁のようなところに沢山見かけますが、花が咲いていないことが多いそうで・・
みつけた場所は 花付きが良かったみたい♪
hodoimo1

葉は3~5枚の羽状複葉
hodoimo5


どっからどう見る?
見かたを定めないと、ちんぷんかんぷん((;゚Д゚)
いろんな角度から・・これじゃサッパリ・・(笑)
hodoimo2

面白い花の形が 列になってる~
この角度が ましかな???
2人ずつペアになってるように見えたのは私だけかしら(♯▽♯)ゞ
それにしても妙な形の花ですね。
hodoimo3

何が何だかわからなかったけど・・一歩前進(^^)v
少しわかった花のこと( ^▽^)
マメ科の花の特徴は旗弁・翼弁・竜骨弁で成り立っていること。
(クリックして拡大写真で)
hodoimo4

超アップ~してみたけど・・・ヽ(τωヽ)ノ
竜骨弁の中にあるオシベ・メシベをうまくキャッチできませんでした。
これは又次回ってことに<(_ _)>
そして虫達ちが受粉に来たら どう作動するのか・・
考えればとっても興味深いものです。
それと このくねくねした花に どんなマメが出来るのか?忘れずに観察にしなければ・・
hodoimo6

■ホドイモ■マメ科ホドイモ属

分布 北海道、本州、四国、九州
山地林内に生えるつる性の多年草
花期 7~9月
| つる性 | COM(2) | | TB(0) | |
コメント







管理者にだけ表示を許可する