07≪ 2017/08 ≫09
12345678910111213141516171819202122232425262728293031
2008-08-20 (Wed)
海岸に薄紫色の花を咲かせるハマゴウ(こちらではホウノキ)
hamagou4

砂を這って・・海へ海へと枝を伸ばしている様子。
hamagou5

海岸で育つに相応しい丈夫な茎。
腰までの高さになるので 時々、浜辺を歩くとこれに足を取られることも(_△_;〃 ドテッ!
簡単には折れないくらい固い。
hamagou8

チラホラと果実ができています。
hamagou1

直径5~6mmの大きさ。
まるで桃のように~美味しそう・・(もちろん食べられませんが)(*`▽´*)
アップして見るまで 実がこんなに綺麗だとは思いもしなかった。
秋から冬にかけ 黒く固くなって落ちていく。
それまでに こちらの人たちは実を集めて枕にするようです。
茣蓙の上に干して 小まめに手で揉んでカラと実に分けて、・・そんな作業をどれぐらいするのかな?
実際作ったことはないけど、1個の枕にしようものなら、それ相当の実を摘まないと・・(笑)って感じかな。
香りが良いので”よく眠れる”と聞きます。
hamagou3

あまりにも馴染みがあるハマゴウ・・
いつも咲いているから とっくにエントリーしてると思ったら・・( ̄w ̄)未だでした。
まだ花も沢山咲いています・・(もしかすると1年中見かけるかもです)
hamagou6

上から見ると・・
hamagou7

オシベ(4本)とメシベ(先が二つに分かれている)。
上につき出していて いかにもクマツヅラ科らしい花ですね。
hamagou2

■ハマゴウ■クマツヅラ科、ニンジンボク属
別名 ハマホウ、ハウ、ハマボウ、ハマシキミ、ハマハイ

分布 本州、四国、九州、沖縄
海岸の砂地に生える落葉小低木
花期 7~9月

| flower | COM(2) | | TB(0) | |
コメント







管理者にだけ表示を許可する