06≪ 2017/07 ≫08
12345678910111213141516171819202122232425262728293031
2008-08-29 (Fri)
medohagi1

天候が はっきりしないのであまり遠出もできず、久しぶり近くの河川敷をぶらぶら・・
近すぎて? めったと来ないけど、ここを歩く時は何故かいつも風が強い日(苦笑)

”河川敷で出会った♪マメ科3種”

今日も風が強く 細長い頼りなげな『メドハギ』の枝が風に揺れていました・・
同じ場所に ハイメドハギが咲いてるはずが今年は見当たらなかった。
鳥の足みたいな細い小さな3枚の葉が特徴。
medohagi2

萩は判断に困る花だけど・・メドハギはちゃんと名前が言えましたv^^
花の大きさは5~6mm。
葉の腋に1~2コずつ花を咲かせます。
花弁の奥はちょこっと薄紫色。
medohagi3

■メドハギ■マメ科

分布 北海道,本州、四国、九州、沖縄
花期 8~10月
草丈1m

メドハギとは
占いに使う 筮竹(ぜいちく)の「筮」の字はメドギとも読みメドハギの真っ直ぐな茎は「筮」として使われ、メドギにする萩で→『メドハギ』という名前がついたのだそうです。


(ヤハズソウ)
餅端や空き地、踏みつけにあうような所、芝生の中などに多い小さな小さな葉っぱの”ヤハズソウ”
河川敷はウオーキングや犬の散歩など毎日お決まりのように歩く人がいるけれど、この小さな花に気づく人はどれぐらいいるでしょう・・
葉がVカットに千切れることが子供心に嬉しくて・・
でも今は草むらにそんなふうに しゃんがんで遊ぶ子供たちすら見かけませんよね。。
yahazusou

■ヤハズソウ■マメ科

分布 日本全土
路傍や畑の畦などに生える
草丈 10~20cm
花期 8~10月 

名の由来
”やはず”は 矢の羽に似た模様のことで葉の先端を引っ張ると矢筈のようなかたちになることで名前がつきました。


(クサネム)
去年は 少なかったのに、今年はクサネム・だらけ~。
クリーム色が目にやさしいから大歓迎y(^ー^)y
沢山生えていても 葉のほうが目立ってちっともうるさく感じないんですよね。
kusanemu1

私のお気に入りは お利口さんに たたむ羽根のような葉(*´∀`)(笑)
kusanemu2

kusanemu3

去年見れなかった種子が見れました。
最初は緑色したサヤも だんだんと茶色っぽくなっています。
果実.は.いくつはいっているのかな・・?
皮はコルク質で水の流れで散布されるそうなので この河川敷のクサネムたちも川の冠水で流れ着いたのでしょうね。
kusanemu4


■クサネム■マメ科

分布 日本全土
花期 8~10月 
水田や池、河川敷などの湿地に生える1年草
草丈 50~90cm

葉の脇から花序を出し、淡黄色で蝶形の小さな花を付ける。
花...旗弁の基部には赤みがかった班が入る。
名前の由来は  葉がネムの木に似て、草であることから。

| flower | COM(8) | | TB(0) | |
コメント







管理者にだけ表示を許可する