05≪ 2017/06 ≫07
123456789101112131415161718192021222324252627282930
2008-10-05 (Sun)
ナツフジの蔓にからまって垂れ下がるアオツヅラフジ。
つる性だと思ったら 樹木の仲間なのだそうです。

おっ。( ̄▽ ̄)花が咲いている・・
植物散策をしていて、『花』から入門と『種子』から入門では答えに辿り着くまでに費やす時間が違うものですが・・(苦笑)
アオツヅラフジは種から入るほうが近道((笑))
(だって・・こんなに花が小さいから・・)┐(´ー`)┌
aotsudurafuzi5

去年のカメラでは捕えられなかったので・・
なんとかここまで接写できたけど(苦笑)
雄株かなーー(?_?)
葉の腋に花序を出し、うす黄色で 2mmほどのちっちゃい花です。
aotsudurafuzi1

今時期は葉+花+実。3拍子揃っているので有難い★
こちらジューシーさと上品な香りのする『ピオーネ』(((。(工)゜)ドテッ!
私は種なしが好き♡
粉がふいたような所(≧ω≦)大きさは7~8mmほど。
aotsudurafuzi2

そして・・酸味より甘みが強い 『マスカット』(^w^)
ドアップ過ぎたら こうなる・・ヾ(*≧▽)ノ彡アハハ!!
aotsudurafuzi3

食べられればいいなあー。(実は食べられません)
mix~o(〃^▽^〃)o
aotsudurafuzi6


■アオツヅラフジ■ツヅラフジ科アオツヅラフジ属
別名 カミエビ

分布 日本全土
林縁などに多いつる性落葉木本 
雌雄異株 
花期 7~8月 
果期 10~12月
全草・根は有毒ですが用い方によって根は漢方の木防己(もくぼうい)と言って利尿・鎮痛・解熱などに使用されます。
| 樹木 | COM(2) | | TB(0) | |
コメント







管理者にだけ表示を許可する