04≪ 2017/05 ≫06
12345678910111213141516171819202122232425262728293031
-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| スポンサー広告 | COM(-) | TB(-) |
2008-10-07 (Tue)
山地の半日陰・・少し湿った林道や苔の生えた石の上に、咲いています。
オトギリソウに比べると全体にコンパクトで弱々しい感じ。
サワオトギリと呼んでも間違いではないようですが、ここは太平洋側なので・・
”ナガサキオトギリ”とするのが正しい呼び名のようです。
nagasakiotogiri1  

日あたりの良い所に咲くオトギリソウは葉が茎を抱いて幅広。
先に向って細くなる形ですが、ナガサキオトギリの葉は丸っぽく楕円形。
nagaskiotogiri2

nagasakiotogiri6


花弁の後ろ側・ガク・葉の縁に黒点がありました。
nagasakiotogiri3

葉に白いテンテンは明点
nagasakiotogiri4

1cmほどの花・・((/△≡\)ピントがあわなかった・・)苦笑
nagasakiotogiri5

■ナガサキオトギリ(長崎弟切) ■オトギリソウ科

分布 伊豆半島以西の太平洋側・四国・九州
サワオトギリの変種
山地の湿った所に生える多年草
草丈 20cm前後
花期 7~9月

| flower | COM(6) | | TB(0) | |
コメント







管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。