08≪ 2017/09 ≫10
123456789101112131415161718192021222324252627282930
2008-10-10 (Fri)
少し薄暗い杉林を歩いていると、草藪の中から林道にひょろひょろ~っと蔓を出す”ツルリンドウ”
去年は この状態しか見れませんでした。
つる性でも、這い上がらず地面を這うようです。
tsururindou1

とりあえず・・全体の様子だけインプットして・・いつか花を見れるだろう~と・・
その後すっかり忘れていました(苦笑)
tsururindou2

そして、、先日山歩きをしていて 偶然 花を見る事ができましたv^^
葉の裏側は3つの脈。
tsururindou8

純白の白花です。
ツルリンドウって 白花もあるの?
(訂正)ツルリンドウの白花は品種で”シロバナツルリンドウ”と言うそうです。
エントリー名も変更させていただきました^^;。
花の直径 2cm弱ほど・・
tsururindou4
tsururindou6

これは 花弁の縁が少しだけうす紫色がかっています。
2色見れるなんて 去年見れなかっただけに嬉しいものです。
花冠は5裂していて ガク片と副ガク片がある。
tsururindou5

そして 最高の偶然♪ もう一度再会できました~『スズコウジュ』
ツルリンドウにばかり一生懸命で、こんなそばに スズコウジュが咲いてることに気づいたのは、シャッター押したあと・・(f´▽`)
ほんとに嬉しいツーショットです~ヾ(〃^∇^)ノ
欲言えば・・これが シロバナツルリンドウだったらもっと大喜びなんですよね。(笑)
tsururindou7

ツルリンドウの赤い実・・
熟せば 食べられるらしい赤い綺麗な実・・
又いつかどこかで見れるカナ(; ̄ー ̄)...ン?
それだけを見に 傾斜のきつい山を歩かなければいけないってちょっと大変だな・・(苦笑)

自分の感を働かせて 花の頃、果実の頃を訪れるのも楽しみなことだけど、予期せぬところで予期せぬものに出会うことは それ以上の感動を覚えます。

■シロバナツルリンドウ(蔓竜胆)■リンドウ科 ツルリンドウ属

分布 日本全土
林の日陰にひっそり生えるつる性多年草
花期 8~10月
| つる性 | COM(4) | | TB(0) | |
コメント







管理者にだけ表示を許可する