04≪ 2017/05 ≫06
12345678910111213141516171819202122232425262728293031
-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| スポンサー広告 | COM(-) | TB(-) |
2008-10-11 (Sat)
ちょっと ぶらり・・

本州 最南端 和歌山県串本町
1,8km沖に浮かぶ島・・『紀伊大島』へと出かけてきました。

私が学生の頃は 陸と島を結ぶのは巡航船・・
それがやがてフェリーで行けるようになり・・
平成11年に串本大橋が開通。今では車でひとっとび。随分便利になりました。

島を訪れたのは久しぶり。
断崖絶壁だったこの場所も 立派な柵ができ『朝日夕陽百選』のモニュメントも設置されています。
oosima2

島の端っこにある 樫野埼灯台
oosima3

灯台の上から見下ろす太平洋~
この海の向こうは どこだろう・・・
oosima1

灯台から見た三重県側・・
oosima4

そして反対側は四国側かしら(?_?)
oosima5

そこで気になった↑の写真の右奥にある あの木なんの木???気になる木~(* ̄0 ̄)θ~♪~
ひろ~い日陰を作ってこーんなにデッカイんです。
これだけ大きいのだから記憶にあるはずですが、さっぱり・・(苦笑)
2~3mmの花を探す私が、この巨木を知らなかった…(/ω/) ))))
どんなに大きくても『見る』気持ちがなければ見えていないものですね。
akou1

葉は互生していて、約10 ~15cm。
akou2
akou3

木の下にいたら、ポットン・・ポットン・・果実が落ちてきます(;´∀`)・・・
枝だけでなく茎や幹にまで 虫こぶみたいにくっついているのが不思議。
あまりにも実が多すぎて ちょっとチキン肌になりました・・{{{{(*ω*)}}}} 
akou4

黒く熟したのをひとつ・・(( ̄( ̄一*( ̄一* ̄)一* ̄) ̄)),フフ 
いつもなら 口で確かめるのですが今回は試食しませんでした・・
何故なら1cmぐらいの実を 二つに割ってみたら、イチジクにそっくりだったもん。
・・以前の”イヌビワ”のことがまだ脳裏から離れなくて・・
でも実は 食用になるそうです。 

■アコウ(榕、赤榕、赤秀、雀榕)■クワ科イチジク属
和歌山県 準絶滅危惧

分布 本州の紀伊半島・山口県・四国南部・九州
温暖な地方に自生する半常緑性高木
樹高 10 -~20m
花期 5月
果期 8月末~
種子は鳥類によって散布され他の樹木の上で発芽して着生。
根をおろし木を枯らしてしまうこともあるそうです。
そこから『絞め殺しの木』とも呼ばれています。。

■おまけ■もうひとつ BIG なものを見てきました。

一般に道端で見る『ヘクソカズラ』の海岸型 ハマサオトメカズラ。
葉の艶 すごいです~
遠めに見ても 光沢があるので 豪華に見えます。
hamasaotomekazura1

大きさは 葛の葉と比べてみるとわかりますが、葛の小葉1枚と同じぐらい♪
ここまで大きいものは初めて見たので(◎皿◎)なんじゃこりゃ!!でした( ・∀・)。
namasaotomekazura2

普通のヘクソカズラの葉
hekusokazura

ヘクソカズラもハマサオトメカズラも、もとは同じもの。
ただ葉が大きくツヤツヤして豪華に見えるので海岸型を”ハマサオトメカズラ”と呼ぶそうですが、それなら 普通にみかけるものも”ハマ”をなくして”サオトメカズラ”と呼んであげたいものです。


| 樹木 | COM(2) | | TB(0) | |
コメント







管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。