06≪ 2017/07 ≫08
12345678910111213141516171819202122232425262728293031
2008-10-14 (Tue)
今年も キイジョウロウホトトギスが咲く季節になりました。
去年は足場が悪く 接写できなかったので、今年は別の場所からv^^

キイジョウロウホトトギスが咲き始めると、秋の行楽シーズン。
連休とあって渓流沿いは観光客で賑わいを見せていました。
カメラを向けていると、 次々車が停まる・・・
 
何かあるんですか???と降りてくる人(笑)

((*>ω<)キャー!! キイジョウロウだ!!!と拍手する人((笑))

振り返ると、何台もの車、人・人・人・・です。

道路沿いに面した崖斜面。

土砂崩れのために崖は保護されてネットが高く張られてあります。

kiizyourohototogisu1

岸壁もさながら 盗掘の保護にもなっていいかも^^;・・
普通のホトトギスと違い下に垂れ下がるように伸びて花を咲かせます。

kiizyourohototogisu2

メインから少し離れて低い所で。
この姿が自然っぽくて好きです。
時々 庭先で鉢植えされているのを見かけますが・・(苦・・)
山間の岸壁、夏は朝霧が立つほどひんやりと涼しく、高湿度が保たれる場所でなければ・・かわいそう・・
販売もされているようですが私個人としては そんなことはして欲しくない・・と見るたび心が痛むのです。
kiizyourohototogisu3

kiizyourohototogisu4

花弁の内側は しっかりとホトトギス特有の斑点。
kiizyourohototogisu6

花の色が あまりにもよく目立つので 皆さん葉に注目しそびれるみたい♪
私は このツヤツヤした縦脈がくっきり入る葉が 花より好きだな~(v^ー^v)
葉が茎を抱いているのも特徴です。
kiizyourohototogisu5

■キイジョウロウホトトギス(紀伊上臈杜鵑草)■
ユリ科ホトトギス属

(和歌山県絶滅危惧2類)

分布 紀伊半島
渓流沿いの湿った崖地に生える多年草
草丈 40~90cm
花期 9~10月

名前の由来
上臈(ジョウロウウ)は、宮中に仕える位の高い女官に例えた言葉で、黄色の花が高貴な貴婦人のように見える事から、「山里の貴婦人」。
そして最初 和歌山県那智山中で発見されたことから『紀伊』で『キイジョウロウホトトギス』と名前がつけられました。

| flower | COM(2) | | TB(0) | |
コメント







管理者にだけ表示を許可する