06≪ 2017/07 ≫08
12345678910111213141516171819202122232425262728293031
2008-10-20 (Mon)
アメリカセンダングサに続いて、『タウコギ』
私が 目にするタウコギは 刈り取り後の田んぼのためか、40~60cmの草丈が多いです。
昔は どの田んぼでも見かけられる水田雑草だったようですが、農薬の関係で少なくなっているようです。
taukogi1

時々、あぜ道にも生えていますが アメリカセンダングサと見間違えるほど大きなものはありません。
taukogi2

黄色の筒状花。
アメリカセンダングサで説明した花のうしろにある”ひらひら”(笑)
ちょっと感じが違いますね。
総苞片は5~10枚。
taukogi3

茎が丸っぽい。
taukogi4

種子(タウコギ)
トゲが ほぼまっすぐなので、全体の感じとして、こじんまりまとまっているように思いました。
taukogi5

(タウコギ)
taukogi6

(比較)
別撮影にすると 撮影距離が曖昧になるかもしれないので、1枚の紙の上に2つの種子を置き撮影。
種子の大きさは場所や個体によりけりかな?

私が感じた大きな違いは 2本のトゲの反り返りのカーブが アメリカセンダングサの場合、うんと外広がりにカーブ・・このために種子の数も沢山に見えるのかも。
その点、タウコギは まっすぐに近いトゲで、少なく見える。。。
taukogi&amerikasendan

ただ、これ等はどちらも同時に採取できれば違いもわかるのですが・・(苦笑)
どちらかしかなければ、(-_-;ウーン唸るかも^^;・・
でも、ここまでしなくても 慣れれば全草の第一印象でわかる範囲だと思います ̄∀ ̄*

■タウコギ(田五加木)■キク科センダングサ属

分布 日本全土
田や畦などに生える1年草
草丈 30cm~1m
花期 8~10月

名の由来・・
葉が樹木のウコギに似ていて田んぼに生えることから『タウコギ』

| flower | COM(6) | | TB(0) | |
コメント







管理者にだけ表示を許可する