08≪ 2017/09 ≫10
123456789101112131415161718192021222324252627282930
2008-10-22 (Wed)
アシタバ。
海岸や海岸に近い所で ハマウドと同じように生えているので、うっかりすると見間違える人も多いかも(苦笑)私もその一人~(=ρェ;)
大きいもので3mほどあります。
asitaba1

特に上部に袋のようなサヤが沢山。
ひらくと・・
asitaba6

枝先に大きな複散形花序を出し、淡黄緑色の小花を多数つけます。
asitaba5

白い小花は5mmぐらい。
少し湾曲した5枚の花弁。
5本のオシベが長く突き出ています。
asitaba10

花の終わり・・
asitaba8

種・・
asitaba7

葉は 2回3出複葉
縁は粗いギザギザがあり、先が尖っています。
asitaba2

見た目は 厚そうな葉ですが、ハマウドとは違いやわらか。
asitaba3


asitaba9

一番のポイントは やはりこれですね。
茎を切ると 黄色の汁が出ます。
asitaba11

■アシタバ■セリ科シシウド属
別名 ハチジョウソウ
(和歌山県準絶滅危惧)

分布 関東地方南部、伊豆諸島、東海地方、紀伊半島、小笠原諸島
海岸に近い所に生える多年草。
草丈 50~2m
花期 7~12月

名前の由来・・・今日、葉を取っても、明日には新しい若葉が出てくることから。
別名ハチジョウソウは 八丈島に多く生えていることから。
若い葉は おひたしや天ぷらなど・・独特の香りがあって美味しいです。
| flower | COM(4) | | TB(0) | |
コメント







管理者にだけ表示を許可する