04≪ 2017/05 ≫06
12345678910111213141516171819202122232425262728293031
-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| スポンサー広告 | COM(-) | TB(-) |
2008-11-19 (Wed)
山にも 麓にも 海にも河原にも・・めっきり花が少なくなりました^^;
皆さんのところでは如何ですか?

いよいよ晩秋・・
ブログネタに困る季節の到来。どうしよー・・あたヾ(・・;)ノヾ(;・・)ノふた・・

そこで 放置ファイルをあさっていたら((笑))
そうだ・・と思い出した”ボタンヅル”
もちろん今は 花が咲いていませんが・・
こちらには、変種のコボタンヅルがあるというのを聞いたっけ。
花が無くても葉ぐらいは。。とここしばらく探していたのです。

初めの頃は センニンソウとボタンヅルの花の見分けさえできなかったワタシ・・┐(´ー`)┌
わかれば、ぜんぜん難しくはないのにね~
ワタシは ボタンヅル派\(^o^)/
なんとなく涼しげな花で大好きです。

(8/19撮影 ボタンヅルの花)
botanzuru1

こちらには”コバノボタンヅル”は分布しないので、花を見れば、それはみんな”ボタンヅル”・・と思っていたくらいで まさか ”コボタンヅル”の存在など知るはずもありませんでした。

ボタンヅルの葉は対生。
1回3出複葉で小葉が3枚。
ギザギザの切れ込みがあるのでセンニンソウとの違いはよくわかりますね。
botanzuru2

この季節・・樹木にからまって雲?のようです(///ω///)ゞ♪
空が青いと綺麗だったのにね・・((“o( _ _ )o”))
botanzuru3

種子を見るのは初めてです。オレンジ色のメガネ・・
センニンソウの種子は平たくて丸っこいけれど、ボタンヅルは細長くてコロコロした感じかな。
botanzuru4

ヒゲができるのは、センニンソウといっしょ・・
種子に毛があるのがボタンヅルの特徴。
botanzuru6

センニンソウの種子と比較
botanzuru・senninsou

■ボタンヅル■キンポウゲ科センニンソウ属

分布 本州・四国・九州
日当たりの良い野山や林縁に生える落葉つる性半低木
花期 8~9月


そして・・ようやく見つけた ”コボタンヅル”と言われる葉。

コボタンヅルって 2回3出複葉・・
小葉が9枚あるのが特徴なんだそうです。
今まで気にしてなかったけれど あちこち見て回るうちに こちらでは結構多いかなーと思いました。。
kobotanzuru1

がしかし・・いろんな場所で、確認していて ちょっと(;´へ`;Ao 困った・・・
ひとつの蔓に 1回3出の葉と 2回3出の葉が 交互についているのもあったのです^^;・・
これって ( ○ ´ ー ` ● )どっち?ってものが(苦笑)
コボタンヅルはボタンヅルの変種だから、そんなこともありかな・σ(ー”ー)
花の違いはどうなんでしょう・・
果たして コボタンヅルの種子に毛は?・・
それは又来年に~(*^-^*)
botan?kobtan?

■コボタンヅル■ボタンヅルの変種

| つる性 | COM(6) | | TB(0) | |
コメント







管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。