06≪ 2017/07 ≫08
12345678910111213141516171819202122232425262728293031
2008-12-05 (Fri)
ユズリハより葉が小さい”ヒメユズリハ”

耳に優しく響きの良い名前ですね。

若葉が開き始めると、席を譲るように古い葉が落葉することから名前がつきました。
その様子を、親が子を育て 家が代々続いていくように見立てて縁起物とされ、正月の飾りや庭木に使われるとか。。

木はそこらじゅう海岸沿いに沢山・・
防風林にもなるのかしら・・
なのに花をまだみたことがありません((笑))
そして果実がなっているのもあまり見ない。
そんなところに やっと見つけた紺色の実。
雌雄異株だけど、雌株は少ないのかなσ(゚ρ゚@)ハテ?
himeyuzuriha1

直径8~9mmでやや楕円形。
熟すと真っ黒になるらしいので・・まだ未熟なのかもしれませんね。
himeyuzuriha3


ユズリハとの違いを見たくて探したのですが まだ出会わず・・苦笑
himeyuzuriha2


葉の大きさはいろいろだけど、10~12cmが多いかな。
ツヤツヤしていて濃いグリーン。
葉先が尖っている。
葉(表)
himeyuzuriha4

裏は白っぽく、側脈が少ない。
(ユズリハは13~15の側脈)
himeyuzuriha5

網状脈がはっきり。
ユズリハは,網状脈ははっきり見えないそうです。
himeyuzuriha7

そして・・気づいたこと・・(笑)
赤い葉柄のもとの部分が カクン~と一段落ちているんですね。
himeyuzuriha6
来年は花を。。。。

■ヒメユズリハ(姫譲葉)■ユズリハ科ユズリハ属

分布 福島県以南~四国・九州・沖縄
海岸線に多く生える常緑高木
雌雄異株
樹高 2~10m
花期 5~6月
果期 10~12月
| 樹木 | COM(2) | | TB(0) | |
コメント







管理者にだけ表示を許可する