09≪ 2017/10 ≫11
12345678910111213141516171819202122232425262728293031
2009-01-13 (Tue)
昨年 春に訪れた時から気になっていたもの。
シダとは知らず、ギボウシ?なんて思ってた・・(´Д`)
その後すっかり忘れていて、でも同じ場所に来るとやはり再び目に止った・・苦笑
友人と二人でなんやろ・・なんやろ・・と思案していると、、
そこへ運良くミ( ノ〃⌒ー⌒)ノ シュタッ!登場♪
いつもお世話になっているシダ先生と偶然バッタリ。
関東方面から来られた種子植物専門の先生方はじめ、シダを研究している皆さんとの観察会のようでした。

早速とばかりに尋ねる私『先生、これギボウシ?』(///ω///)ゞ ♪

( ^∀^)(*`▽´*) (●´艸`)(*´∀`)( ̄∇ ̄;) ハッハッハッ・・
皆さんに大笑いされてしまいましたllllll(^-_-^=llllll

『みなさんにいつも話している 僕に常々おかしなものを聞いてくれる女性がこの人です』
(「・・)ン?なんちゅう紹介のされ方~(=ノノ)
どこかに消えたいくらい大恥かきました^^;滝汗。
ε-(´д`) ・・でも、ま・いいか・・

これは・・『スジヒトツバといって・・』
と説明していただきました。
乾いた崖地斜面に多いのですって。
姿は春の時と全く同じ・・
ね・・なんとなく花でも咲くような感じでしょう?
suzihitotsuba1

楕円形の光沢のある葉に、くっきりとした平行の脈。
名前の”スジヒトツバ”はこれにちなんでついたそうです。
suzihitotsuba2

裏面・・(ピンボケです・・ <(_ _)>)
suzihitotsuba3

シダとは知らずにいたけど、それが希少植物であったなんて・・仰天。
大恥もかいたけど・・(苦笑)、今年早々 又ひとつシダ学習できました。

■スジヒトツバ■スジヒトツバ科スジヒトツバ属
(和歌山県 絶滅危惧種1A)

分布 本州南部のごく一部、四国南部、九州西南部ごく一部
比較的乾燥した崖地に見られる。

| シダ類 | COM(2) | | TB(0) | |
コメント







管理者にだけ表示を許可する