03≪ 2018/04 ≫05
123456789101112131415161718192021222324252627282930
-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| スポンサー広告 | COM(-) | TB(-) |
2009-02-25 (Wed)
今まで気に止めることもなく林の中を歩いていましたが、”シダ”に目を向けると今さらながら・・こんなにあるの?と驚くほどの種類があることに気がつきました。^^;

教えて頂くのは簡単ですが、それでは覚えられないので、まずはわかりやすい形から入門~((笑))
1枚の葉だから、ヒトツバぐらいにしか思っていなかった・・苦笑
谷川の 湿り気のある場所に多くみます。
kuriharan1

葉の長さは30cm前後。
表面が波打ってぼこぼこしているのでびわの葉っぱに似ていると思いました(♯▽♯)
kuriharan2

kuriharan5

二つずつ並んだ胞子嚢群は直径5mmほど。
kuriharan4

中軸よりに並ぶんですね。
kuriharan3

クリの葉が見つからなかったので、近くにあった、”びわの葉・・(*`▽´*) ”
似てません?
biwa

■クリハラン(栗葉蘭)■ウラボシ科クリハラン属
別名ウラボシ・ホシヒトツバ

分布  関東以西、四国、九州、沖縄       
高さ 30~50cm 
渓流に近い湿った岩の上や地上に生える常緑性シダ。
名前の由来は葉がクリの葉に似ている事から。

| シダ類 | COM(4) | | TB(0) | |
コメント







管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。