09≪ 2017/10 ≫11
12345678910111213141516171819202122232425262728293031
2009-06-16 (Tue)
もう何年もこの近くの道を通っていましたが、この木に気づいたのは去年の秋(11月)
一見、遠目に見ると笹の葉っぽい・・
高さ2~3mぐらい(昨年11月撮影)
yanagiichigo1

葉はヤブマオの仲間を思わせるように 裏も脈が飛び出しているし”草?木?”と迷い・・
お友達に聞くと”ヤナギイチゴでしょう”・・
(゚△゚;)え?イチゴ~それじゃあ、花も咲けば実も成る・・

これは是非とも観察しなきゃ・・と決めました(笑)
その後 今日に至るまでかれこれ7ヶ月の観察が始まりました。
yanagiichigo2
yanagiichigo3

秋が過ぎ葉が1枚残らず落ちてしまった冬の間~3月初旬。
みごとに 木だけ。
yanagiichigo4

3月も半ばを過ぎたころ。
ブツブツ模様のある樹皮から直接花芽が。
雄花でしょうか雌花でしょうか・・ワクワクでした。
yanagiichigo5

そして4月初め撮影・・
(・ω・)……ン?これは雄花?
いつも樹木では雄花から出会うのでこれはやはり雄株・・(((´・ω・`)
そうか・・・・雌株もどこかで探さなきゃいけない~(`Д´≡`Д´)
yanagiichigo7

そう思って、気にかけてアンテナはっていたのですが雌株は見つからない。。
で・・・たまたまもう一度 雄花をはっきり写したいと思って、花に近づいて見ると・・
雄花とは別に細かくて白っぽいものが出ている・・これはなんだろう???
yanagiichigo6

アップ。
この木は雌雄同株だったのですね(^o^)丿
ネット検索では雌雄異株と説明したところが多かったけど、間違いなくこれは同株。
聞く所によれば暖地ほど、そうなるんだそうです。
あとどれくらいでイチゴが見れるんだろう・・。
yanagiichigo8

その後トラの事があってしばらくの間、見に行ってなく・・5月末・・
ワ~━━━━(゚∀゚)━━━━!!わずかに色づき始めている~。
yanagiichigo9

野いちごでも、こんなに小さいのもあったのですね。
直径5~7mm・・
試食はまでもう少し待ってみよう~(*`▽´*)
yanagiichigo10

そして・・6月。
ε=ε=(*ノ~▽~)ノなんと ひとつひとつはとても小さいけれど鈴なりですよ・・。
yanagiichigo11

ハσ(^¬^@)早速頂いて見ました。
野のイチゴというより・・食感はガシガシ・・っていうのか、ジューシーでもフルーティでもなく口あたりがヤマモモのような感じがしました。
食べられるとは言っても、・・(○ ̄ ~  ̄○;)ウーン・・・美味しいと言えるまでは・苦笑
少し期待しすぎたようです・・(●´艸`)
yanagiichigo12

■ヤナギイチゴ(柳苺)■イラクサ科ヤナギイチゴ属

分布 関東南部以西・四国・九州
谷沿いの湿った所や林縁などに生える落葉低木
雌雄異株又は雌雄同株もある。
樹高 2~3m
花期 3~4月
果期 5~6月(5~7mmほどでオレンジ色に熟す)
| | COM(8) | | TB(0) | |
コメント







管理者にだけ表示を許可する