10≪ 2017/11 ≫12
123456789101112131415161718192021222324252627282930
2009-06-23 (Tue)
いったん はびこると、始末に終えない?”ドクダミ”
毎年根こそぎ掘るけれど、なんで~・・茎の一節でも残れば簡単に復活してしまう。
お墓でも 往生してます(≧ω≦)。

匂いはそばを通っただけでもわかるほどですが、”悪臭”と感じる人もいれば、そうでない人もいたりいろいろですが、5月頃から咲き始める花は清楚でかわいいものですね。

私が妊娠中、”!ドクダミの葉を煎じて毎日飲むと、色白で肌の綺麗な子供が授かりますよ・・”と教えてくれた年配の方がいて、実行しようとしましたが、それでなくともつわりがひどかったため、臭いでとてもとても無理でしたが それが今に至る”ドクダミローション”のはしりなのでしょうか?
ちなみに2人の子供たちは何故か・・色白( ^▽^)♪

その”ドクダミ”白い部分は花ではなく総苞片。
シベのような黄色部分が花。
普通よくあるのは総包片4枚。
dokudami1

ときどき それらに交じって3枚しかなかったり・・時には5枚あったり・・
dokudami2

一重のドクダミが沢山生茂っている中に、、ヾ(゚0゚*)ノあれは・・・?
10株ほどあったかな・・ちょっとリッチな八重ドクダミ。
もしや園芸の逸脱?それとも変種?(よくわかりません)(^^ゞ
yaedokudami1

yaedokudami2

増えると困るドクダミですが八重咲きなら、庭にあっても許せそうな~(^w^)
でも、安易に植えて、のちのちに・・あら(´・∀・`)一重咲きになったりなんてことに???
yaedokudami3

■ドクダミ■ドクダミ科ドクダミ属
別名 ジュウヤク(十薬)・ジゴクソバ

分布 本州・四国・九州・沖縄
日陰の湿った場所、生垣の下、裏庭などに生える。
開花 6~7月

| flower | COM(6) | | TB(0) | |
コメント







管理者にだけ表示を許可する