06≪ 2017/07 ≫08
12345678910111213141516171819202122232425262728293031
2009-07-13 (Mon)
庭にも、蝉の声を聞くようになりました・・アツ━━━━(´Д`υ)━━━━・・・
随分暑くなりました。梅雨明けも近いかな?
雨の日は、キノコや腐生植物を探しに、晴れの日は少し高く深山へと・・
最近は足のために『歩く』も目的に入れながら植物散策。

尾根道は、夏には涼しくて最適です~
行く道中ではまだササユリが咲いていました。
sasayuri

麓が30℃なら、尾根は20℃以下・・いや・・それ以上気温が低い気がしました。
20~30分すると、下から吹きあげる谷の風に、ひんやり(( >ε<)クシュ。
時折り、小さなリスがちょこちょこ出てきて走り回ったり、大木の陰から感じる視線に目をやれば・・
ヘビがこちらを見ています。
これは毒ヘビ?(名前がわかりません)
身近にちょろちょろするヘビとは違って、とても落ち着いている・・
hebi

その薄暗い樹林下に見つけた たった一輪の白い花!
見てすぐ”ミヤマトベラ”!ヽ( ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄∇ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄;)ノとわかったのは、3年前から”葉”だけを見ていたから・・( ^▽^))
高さ30cm前後ぐらい。
miyamatobera3

他の場所でもう何回出会ったことか・・┐(´∀`)┌
でも、いつも どの季節にも『葉』のみで空振り。
やっと出会えた花ですv^^
”トベラ”の葉に似ていることから名前がついたそうですが・・・いかがでしょう。

海岸線に多い”トベラ(トベラ科)の木。
(左の成長した葉より右の苗木のほうがどちらかというと、似ているかも知れません)
tobera

以下、”ミヤマトベラ”
miyamatobera1

濃いグリーンの艶々した丸っこい3枚の小葉だから覚えやすい。
miyamatobera2

上から撮影。
まだ完全に開いてなかった・・残念。
でもマメ科らしい蝶型の花であることぐらいは伝わるでしょうか(苦笑)
miyamatobera4

たったの1株なので、どう撮影しようにも 選ぶこともできず(*U_U*)。。。
再度撮影しなければ(^^ゞ
miyamatobera5

■ミヤマトベラ■マメ科ミヤマトベラ属
(和歌山県 絶滅危惧2類)

分布 本(関東地方以西)、四国、九州
暖地の原生林に生える常緑小低木
樹高 30~80cm
花期 6~7月
果期 秋に黒色の果実を数個つける。

| 樹木 | COM(2) | | TB(0) | |
コメント







管理者にだけ表示を許可する